ノンバンク系列の住宅ローンとは

ノンバンクというのは、預金を募って運営することはせず、もっぱら貸金業務のほうを営んでいる金融会社のことです。

その名の通り、銀行以外の金融機関の多くが含まれます。

信用金庫、信用組合、労働金庫などの組織は、銀行ではないものの、預金業務を営んでいるため、このノンバンクには通常含まれません。

住宅ローンといえば、一般には銀行の提供するもの想像する人が多いでしょう。

それ以外でも住宅ローンを扱っている会社は実際には多く、それぞれに特徴がみられるものです。

銀行の場合、銀行法とよばれる法律による免許制となっていて、監督官庁の監視も厳しいです。

これが住宅ローンの審査の条件の厳しさにも反映している面があります。


いっぽうのノンバンクのほうは、貸金業法とよばれる法律によるものですので、比較的収入状況などに関する審査がゆるやだったりします。

銀行にはないような長期固定金利や、特定の住宅メーカーとのタイアップをしていたりする場合があります。

どちらが相対的にみてメリットが大きいかというのは、個々のケースによって異なりますので一概にはいえない面があります。

たとえば銀行では断られてしまうような年収の少ないケース、特定の住宅メーカーと契約して新築するケースなどの場合には利用を考えてみる価値はあるといえるでしょう。

ただし、一般的な傾向として、銀行よりも金利が高くなってしまうことがありますので、その点には注意しておいたほうがよいといえます。